医師臨床研修

平成31年度研修医 K.T

研修医

K.T

Bコース
北海道出身/北海道大学卒

医師としての目標・夢は?

小児外科医になることです。もともと将来は小児に関わりたいという気持ちが強く、医学部卒業時は小児科と小児外科で迷っていました。初期研修中に小児外科含め消化器外科で勉強させてもらい、周術期管理の面白さを実感するとともに、1人でも多くの子供が将来元気で笑顔いっぱいに生活できるようにと未来へ繫がる仕事をされている小児外科医の先生方と自分もいつか一緒に仕事をしたいと強く思い、小児外科医を目指すようになりました。

なぜ北大プログラムのBコースを選びましたか?

マッチングのための病院見学の際、市中病院、大学病院、どちらで初期研修をするにせよメリット、デメリットがあると感じたので、北大Bコースにしました。また、医学部を卒業時、志望科は迷っていましたが、後期研修は入局してトレーニングを積みたいと考えていたのも初期研修2年目を大学にした理由の一つです。

実際の研修で感じていることは?

初期研修1年目の市中病院ではcommon diseaseも含め多くの疾患や手技を経験する機会があり、初期研修2年目の大学病院では1年目に経験した疾患や手技に対するより深い知識を勉強することができています。また、後期研修医の先生方と一緒に研修させてもらったり、専門医制度関連の情報を得たりと、将来の志望科を選択するという点で充実した研修生活を送ることができています。まだ大学病院で研修が始まって数か月ですが、市中病院と大学病院の両方で初期研修する選択は、自分にあっていたのではないかなと感じています。


学生の皆さんへ

研修医

K.T

初期研修病院の選択では悩むことも多いですが、どの病院で研修してもメリット、デメリットはあると思います。また自分にあった研修になるかどうかというのも、実際に病院見学をして研修医の先生や指導医の先生と話してみるのがいいかと思います。